公益社団法人 茨城県林業協会

森林湖沼環境税とは

茨城県が導入した森林湖沼環境税の概要

森林の保全・整備

森林の公益的機能

 

種類

 

主な内容

水源かん養

降水の貯水、洪水防止、水質浄化

土砂流出防止

地表面の侵食により発生する土砂の流出や崩壊の防止

土砂崩壊防止

地球温暖化防止

二酸化炭素の吸収、酸素の供給

保健休養

ハイキング、キャンプ等余暇の場

野生鳥獣保護

野生の鳥類等の貴重な生息の場

潮風害防止

潮風や飛砂による被害の防止

管理放棄され、荒廃した森林が増加しています

森林の荒廃や喪失が進行すると、土砂が流出しやすくなり自然災害防止機能が損なわれたり、二酸化炭素吸収源としての地球温暖化防止などの機能が発揮できなくなります。

 

税収の使い道

[必要な事業費:年間約8億円]
●間伐により荒廃した森林の保全・整備を推進します……約4.2億円

緊急に間伐を行う必要がある管理放棄され荒廃した森林のうち、水源かん養機能または山地災害防止機能が高い森林を対象

 

●新税で追加して間伐を行う面積…… 1,200ha/年

※現在間伐を実施している面積(林業活性化のための森林整備) … 800ha/年

 

●身近な緑の保全・整備を推進します……約2億円

平地林・里山林について、市町村や住民団体等が主体となった保全・整備を推進

松枯れ跡地の復旧、都市部における緑の創出・保全などを新たに支援

 

●新税で追加して保全・整備する面積……250ha/年
●いばらき木づかい運動(県産材の利活用促進)を進めます……約1億円

県施設への県産材利用の推進、新築木造住宅への支援、学校等への木製品(机等)の導入に対する支援

●森林環境教育などを通じ県民意識の醸成を図ります……約0.2億円

子どもから大人までを対象とした森林環境教育を進めるための子どもの森など教育の場づくり、体験活動の実施等

 

※森林湖沼環境税とは

http://www.pref.ibaraki.jp/nourinsuisan/rinsei/shinkozei/tax/index.html